がん予防の食事
 

癌(がん)診断のセカンド・オピニオン

私達は、高価な物、好きな物を買う時には、だいたいの人が 
価格や性能の比較検討をしてから、購入に至ると思います。 
 
そういう意味でも、 
癌(がん)と医師から病名を告げられた人にとっては、 
他の医師による、いわゆる、セカンド・オピニオンは当然の事のように思えます。 
 
ただ、どうしても、最初に診断してもらった医師を信用していないような 
素振りに見えそうで、なかなか、言いにくい問題だと思います。 
 
だからと言って、初診の医師に黙って、他の病院に、 
セカンド・オピニオンに訪れるのは、経費と時間がもったいないと思います。 
他の病院に、何の資料も持たずに訪れると、 
イチから同じような再検査をしなくてはならないからです。 
 
▼このビデオをご覧下さい。

井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜 
 
癌(ガン)という病気は、発症する身体の部位によって、専門が分かれていますし 
手術や放射線や抗がん剤といった療法によっても、先生の得意、不得意があります。 
ですので、医者の方としても、セカンド・オピニオンを、 
積極的に薦める先生も中にはいるのです。 
 
また、セカンド・オピニオンは、2007年に施行された法律、 
がん対策基本法によっても、体制強化がうたわれています。 
 
ですので、本当に患者さんを大事にしてくれるお医者さんであれば 
快く、あなたのセカンド・オピニオンへの希望を受け入れてくれて 
他の病院への資料を作成してくれると思います。 
 
セカンド・オピニオンを受けた結果が、初診の先生と同じであった場合は 
さらに安心して治療を受けられるでしょうし、 
万が一、違った診断結果が下されたとしたら、 
新たなオピニオンを受けて、徹底的に調べてもらうのがいいでしょう。 
 
かけがえのない、世界に一つしかない、あなた自身の身体ですから、 
自分で納得のいくまで、検査をしてもらいましょう。

 
▼是非、この詳細ページをご覧下さい。
ガン予防への食事アドバイス
数々のガン患者の食養理論の決定版!
井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜